働き方改革?ハタラケル改革!@フットケアから始めよう

企業に足の臨時保健室を開設したところから始まった“ハタラケル改革”のストーリーです。

はじめに

 これは、理学療法士スギタが、ちょっとしたご縁から企業に足の臨時保健室を開設したところから始まった“ハタラケル改革”のストーリーです。 


 人物名、関連企業名などは架空の名前で、会話のところどころには若干の装飾が加えられていますが、起こったことは事実に基づいています。

 
 国や経営者側から見た“働き方改革”ではなく、従業員一人一人の“今日”から見た“ハタラケル改革”。なんてことはないフットケアから様々な課題が見えたり、会話が生まれたり、問題が大ごとになったり。変わりつつある企業の日々をストーリーにして記録してみました。